主流の採用方法(2018年)

お客様の満足を重視した失敗しないサイト制作・運用をサポートします。

今、日本では深刻な人材不足になっており、日本経済の発展に大きな足かせとなっている。我々が取引する企業様でも人材確保に困っており、どのように募集したらいいのかわからない状態です。またわかっていてもIT化の進化が激しく着いていけない環境であり、その課題を解決する為にどのような方法があるのでしょうか

ダイレクトリクルーティング

大手・中小企業も優秀で若い採用を考えてました。従来はリクルート・マイナビなどに掲載すればある程度の人材が採用できましたが今は大変厳しくなってきています。また、地方ではWEBデジタルでなく紙媒体にたより昔の成功体験をひきづられている企業も多く見ます。紙媒体会社はとても親切に求人を掲載してくれました。2世代前の募集方法です。今はWEBのリクルート・マイナビや専門職のポータルサイトでさえも採用が厳しい状況です。そこで力のある企業が積極に自社で採用活動をされています。これをダイレクトリクルーティングと呼んでいます。

ダイレクトリクルーティングのカギは

今は主流はindeedになっています。ではindeedに掲載すれば「OK」、そんな単純ではありません。人材紹介は広告をPDCAをまわしながらいろんなツールを作り、求職者の確保してきています。PDCAに会社の見せ方から採用サイトの必要性もあります。採用ページのLPだけでは少し難しいと思われます。理由は人材会社の成長の段階でLPページ1枚から複数LPになり最終的には採用サイトに成長してきます。しかし、本業ではないところに人材・時間を費やすのは非効率だと思います。まして簡単にはできませんし中途半端な制作会社に頼んでも失敗する企業も非常に多いです。これは人材会社が求人サイトを制作して失敗をする企業が多いのでいかに難しいかを証明しております。

われわれには14年の人材紹介、サイト制作の実績があります。是非、お問合せください。